全英&全英女子オープン

朝永です。

先日、男女の全英オープンが行われました。みなさんご覧になりましたか?

男子は、タイガーウッズが欠場で大本命が不在の中、なんとあのグレッグノ-マンが優勝争いを演じ大会を盛り上げました。

ノーマンといえば、1980、90年代のスタープレーヤー。僕がゴルフを始めた頃、ノーマンはピークを迎えていてめちゃくちゃ格好良かったです!僕の中ではストローハットが似合うのはノーマンだけですから。
ただ、メジャー大会での勝負弱さは歳をとってもやっぱりノーマンでした(苦笑)
3日目終わって単独トップ、『もしかして』と思ったのは僕だけでないはず。

しかし今回のコースもタフなセッティングで、あの強風。。シャンクしたみたいに右に飛び出たボールがグリーン左に外れるって、まともなゴルフじゃ考えられませんね。世界のトッププロがあんなに苦しんでいるのもそう見れません。優勝スコアが3オーバーっていうのが、どれだけ難しかったかを物語っていますね。

一方、先週行われていた全英女子オープンはアンダーパー続出のバーディー合戦。
そんな中、日本の不動、宮里、上田の3人が頑張ってましたね。個人的には不動を応援していたのですが、勝った韓国の申がイケイケゴルフで18アンダーで勝ってしまったので残念です。やっぱり不動は9番のボギーが効きましたね。。

でも、女子の試合を見ているとなぜか簡単そうに見えます。みんな曲がらないし、フェアウエーウッドでもなんでも簡単そうに打ってきます。男子とは飛距離も違うのでプレースタイルも違いますが、あれだけ曲がらなければ僕のゴルフも簡単だろうなぁ
(笑)

というわけで、今回の男女の全英オープン、対照的な試合だったのでかなり楽しめました。

この投稿へのコメント

  1. gin said on 2008年8月6日 at 17:09

    みました、みました。
    おかげで寝不足でした。
    特に女子オープンは日本人が活躍してたので。
    それに、女子のプレーは、スイングが見えるので勉強になります。(男性のは速すぎてみえん・・・)
    朝永さんのコメントみていて、ほんどだ、と思ったのが女性と男性の弾道の違い。
    男性は曲げたがる? それとも力があるから回転がかかって曲がってしまう?
    アマチュアでも、男性はフックをかける人も多いし、練習場でも曲げる練習をしてる人をよくみます。でも、女性ではハンディ10~15ぐらいの人でも(といっても、2,3人としか一緒にプレーしたことありませんが)、曲げて打つ人は私の少ない経験からはみたことがありません(下手でスライスしてしまうのはもちろん別として・・・)。
    そうかぁ・・とへんに納得してますが、とにかく私はまっすぐ飛ばすように練習しないと、ですね。