Archive for the ‘ジュニア’ Category

12/1 スナッグゴルフ・ラウンド会の御報告

月曜日, 12月 2nd, 2019

12月1日(日)、スナッグゴルフラウンド会@せたがやウキウキを開催しました。
せたがやウキウキクラブは昭和女子大学構内で活動している会員制親子スポーツクラブです。
せたがやウキウキクラブでもスナッグゴルフのプログラムがあり、今回、コモゴルファーズアカデミーと合同で4~9歳の子供達22名が一緒にラウンドしました。
人工芝グラウンドに2ホール(約35y)設定し、2~3人1組のチーム対抗でプレーしたのですが、なんとホールインワンを2人も達成しびっくりです‼️
また、プレー方法だけではなく挨拶や他のプレーヤーに対する思いやり、道具を大事扱うことをプレーを通して学んでもらいました。
お蔭様でお天気に恵まれ、たくさんの笑顔を目にすることができ、 こちらも嬉しい気持ちになりました。 事故や怪我なく無事に終了できたことが何よりです。
参加者の皆様、どうもありがとうございました。
{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

【イベント報告】浮間ジュニアレッスン会

水曜日, 9月 18th, 2019

 

こんにちは(^^)

トレーナーの常盤です。

9月15日(日)は浮間ジュニアレッスン会でした。

小学校1年生から3年生向けのイベントです。

毎回、コースデビューの子供たちがたくさん参加します。

ショートコース3ホールを使って、「ショット練習」「アプローチ練習」「パター練習」「ゴルフ場でのマナー」「コース保護」「ラウンドの仕方」を学びます。

次回は10月27日(日)に開催します!

ぜひご参加ください(^^)

 

第5回COMOジュニアゴルフ大会

月曜日, 7月 8th, 2019

7月7日(日)に第5回COMOジュニアゴルフ大会が開催されました。

大会のコンセプトは「初めてのゴルフ競技」です。

〈大会の特徴〉

・ショートコース3Hを3周して、一番良かったスコアを採用

・プロがキャディー役で帯同

・公式の試合と同じようにマーカーを決めてアテストを行う

当日は生憎の小雨で少し肌寒い天候でしたが、子供たちは集中力を切らさずに、最後まで一生懸命プレーしてくれました。

 

 

 

次回は11月24日(日)に開催します!

 

〈今回の優勝者/2位/3位〉

 

 

 

【報告】5月26日浮間ジュニアレッスン会

月曜日, 6月 3rd, 2019

5月26日(日)にジュニアレッスン会を開催しました。

場所は浮間ゴルフ場のゆりコース(ショートコース3H)、参加者は小学校低学年中心で、多くの子供達が「初めてのゴルフコース」でした。

ただ、当日は突然の真夏日(気温31°)となり、子供たちの熱中症が心配でした。

・突然の猛暑日で暑さに慣れていない
・子供は発汗機能が未発達で、体温を下げるのが苦手
・当日の暑さ指数は28以上(警戒レベル)

上記のような条件の中、15分~20分間隔で休憩し、水分補給とアイシング(首、手首、脇など)を繰り返しながら、ラウンドしましました。

風も吹いてくれたので、みんな、熱中症にならずに終えることができ良かったです(^^)

 

 

 

次回は9月15日(日)を予定しています。

ぜひご参加お待ちしております(^^)

 

ジュニアすこやか通信  No.5

日曜日, 12月 23rd, 2018

【ゴルフで心を育む要素】その3

ライフスキル〈人生で直面するさまざまな問題や困難に対処し、乗り越えていく力〉の中で、子供たちに一番初めに学ばせようと思うのが「礼儀」ではないでしょうか。

それでは何故「礼儀」が大事なのでしょう?社会生活を営むには「秩序」と「コミュニケーション能力」が欠かせません。リスクのある接触には「危機管理」も必要です。

まず「挨拶」で相手を確かめ、「コミュニケーション」を取りながら相手の「表情」で意図を探ります。人間が生物の頂点に立てたのも、視力の発達で「表情」から「感情」を読み取れ、「秩序」ある社会を築き易くなったからだそうです。

その「秩序」は、「ルール」と「マナー」が要です。すべてに「気配り」をしたら疲れてしまいますが、それらを守りながらなら容易になりますよね。

「礼儀×ゴルフ」

ゴルフには必ず同伴プレーヤーがいます。相手は友人や家族だけではありません。年齢、性別、性格など様々です。そこで、お互いが気持ちよく楽しく18ホール(約4時間)プレーするためには、挨拶と笑顔、プレー中の気配りがとても大切だと気づきます。礼儀を知らない自分本位なゴルファーとプレーする機会もあるかもしれません。その時は反面教師にもなります。ゴルフのマナーやエチケットは同じ時間を過ごす人に対して「他者の気持ちを想像する事」を求めている内容がたくさん含まれています。

 

「他者への思いやり」は、「自信」と合わせ人格形成に無くてはならないものです。子供たちは、「信頼感」→「自立感」→「活動性」→「自発性」→「自己同一性」という人格発達課題を、それぞれの時期に達成してゆくことで成長し、「自己同一性」(アイデンティティ)を確立します。その時に「意欲」と「思いやり」を持てる青年になってもらいたいと思います。

 

 

コモゴルファーズアカデミーゼネラルマネージャー 三宅美知子